• Top
  • 授業について
  • 授業概要

授業概要

curriculum

 共通絵画の授業は、主に自然物(石・樹根・廃棄自動車・人体)をモチーフとして「造形の基礎を学ぶ」ために絵画表現を試みます。
 対象となるモチーフは、すべて広義な意味での「自然物」としていますが、何よりも「自然物」が人間の解釈や概念(物事の概括的な意味内容)に先だって存在し、無限の魅力を持っていると考えるからです。

 これらの自然物を対象に「ものを見て、描く」という絵画制作を通して、その対象を「どのように見ているか」、「どのように感じているか」が問われる授業です。そのためには、自分自身を自由に解き放つ試みが必要です。そして、既成の概念(これまでに習い覚えたデッサンや絵画表現)を白紙に還元し、異なる視点から多様な絵画表現を追求します。

 授業は、それぞれの学生が未経験の発想や方法を模索し、描画材や基底材を自由に選択するところから始まります。これまでに習得した技術や経験、発想や方法から遠く離れた位置で制作を開始するということです。これは、制作の起点が学生の自主性に任されていると同時に、制作の全プロセスと必然的に連動していることになります。また作品制作においては、画一的な方法ではなく、学生自身のさまざまな感覚的判断の連続のうえに成り立つため、惰性は許されず「モチーフ」と「自分」と「作品」との三者の対決的な姿勢が求められています。

 この授業は、教育目標に掲げている「挑戦するプロセスから生まれる、一人一人の未知なる自己発見」を期待するものですが、アトリエにおいては、感性や個性を刺激し合う、若者のエネルギーで溢れる挑戦(実験)の場になればと考えています。

※造形総合科目Ⅰ類〔必修〕絵画Ⅰの授業において一部の学科では、入学試験の多様化によりデッサン等の実技経験が少ない学生を対象とした「鉛筆デッサン基礎」クラスを設けています。

curriculum