• Top
  • 授業について
  • 開設科目の概要

開設科目の概要

 共通絵画研究室は、『造形総合科目』と工芸工業デザイン学科2年の『学科別科目』Ⅰ類[必修]絵画Ⅲを担当し、美術領域の絵画授業を通して「造形の基礎」を学ぶ教育単位です。

 『造形総合科目』の[Ⅰ類必修科目]では、油絵学科と日本画学科を除く9学科のすべての1年生が、専門とは異なる領域を必修として履修する絵画授業を担当しています。[Ⅰ類選択必修科目]は、1年次(5期)に全学生が選択して必修として履修する絵画授業を担当しています。[Ⅱ類科目]では、卒業までに選択科目として履修する絵画授業を担当しています。
 これらの『造形総合科目』は、[Ⅰ類科目]と[Ⅱ類科目]からなっていますが、専門分野の深化とともに他の分野にも広く目を開き経験することで、造形という領域を総合的に捉えることを目的とした科目群です。

授業スケジュール(年間)