• Top
  • 共通絵画研究室とは
  • 教育理念

教育理念

 共通絵画研究室は、造形という大きな視点から、美術・デザインの専門性の位置づけや基礎を確認するために、自分の専攻とは異なった美術領域での絵画制作(授業)を通して、「造形の基礎とは何か」を模索し、新たに見いだすことを目的としています。
 すべての授業は、自然物を対象に「ものを見て、描く」という絵画制作を中心としたカリキュラムで構成され、『挑戦』という言葉をキーワードに、挑戦するプロセスから生まれる「一人一人の未知なる自己発見」を期待するものです。これは、「それぞれの学生が現時点において、持ち備えている資質に気付く(出会う)場所」が共通絵画の授業であるということです。

 授業では、完成を目的としたものではなく、作品の巧拙を問わない制作プロセスで挑戦(悪戦苦闘)する学生の“持続する熱”を求めています。そして、それぞれの学生が五感をフル動員し「ものを見て、感じて描く」という『感じる力』を育むことを目指します。
 学生は、制作を通して自分自身を自由に解き放つ「自己解放」を試みます。また、固定化した自分自身を疑い、自身の可能性を探る「概念打破」に挑みます。さらに、対象を見る・作品を見る・自分自身を見るといった見続ける時間の中で、自身と向き合う「対決姿勢」にチャレンジします。
 これらの試みや挑戦が、それぞれの学生の『感じる力』を目覚めさせてくれるものと信じています。そして、この授業が感性や個性を刺激し合う、若者のエネルギーで溢れる挑戦(実験)の場になればと考えます。

 こうした絵画授業を通して、美術の異なる価値観に触れ「造形の基礎とは何か」を模索し、未知なる自己を見いだすことで、これから学ぶ専門領域を深めることにつながると考えます。こうして培われたものが、「即効性には乏しいが、将来の自己の専門性を支える微量要素となる」と信じています。そして、めまぐるしく変化する社会に流されることなく自己の価値観と判断によって対応できる人間として歩んで欲しいと願っています。

 最後に、学生の主体的な熱意と努力、そして根気に支えられた強い意志の持続によって、造形の根源的・本質的なものに触れることを期待しています。